ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会
ライオンズクラブ国際協会 333-B地区
2016年~2017年度ライオンズクラブ国際協会333-B地区
ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会

2016~2017年度ライオンズクエスト(以下LQ)・薬物乱用防止委員長を仰せつかりました、今市LC所属 L板垣 昇です。来期1年間天谷副委員長、各地区役員、キャビネット役員、そして各Lの皆様方のご支援、ご指導のもと頑張って行きたいと思いますので御協力を宜しくお願いいたします。福田ガバナ-スロ-ガン「積小為大」小さいことを積み重ねて行けば必ず目標を達成する事が出来ると言う言葉を基本としてこれからスタ-トして行きたいと思います。


アクティビティスロ-ガン「ひろめよう奉仕の絆」と共に目標として、ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会を立ち上げて行きたいと思っています。LQは学校にNPO法人青少年育成支援フォ-ラム(JIYD)と共に事業を紹介する事から始まります。そのためには私たちが事業内容を良く理解して学校、教育委員会、PTA等に働きかけ、その素晴らしさをご認識頂き、少しでも多くの子供達がLQの授業が受けられよう、皆様方のご協力を宜しくお願いします。事業の詳細に付きましては、HP・lionsquest-japan.orgをご参照してください。(資料請求可)
LQ事業は、ライオンズクラブ国際協会LCIFの4大交付金の一つです。献金するだけでなく、地区の将来を担うLが育つよう、交付を受けて地元に還元しようではありませんか。


現在 校内型ワークショップ(WS)の開催決定が決まっております。


◎ 28年7月16日~17日 佐野市立葛生南小 9時~17時   葛生LC


◎ 28年8月 4日~ 5日  栃木市立千塚小  9時~17時  栃木うづまLC

 

薬物乱用防止教室について栃木県では「薬物の濫用の防止に関する条例」が施行されました。現在の栃木県薬物乱用防止教室の開催状況(H26年度)は小学校で84.8%、中学校で77.3%、高校で90.7%です。今後、栃木県教育委員会でも、学校に対して薬物乱用防止教室を開催出来る団体の問い合わせ先として、ライオンズクラブ国際協会333-B地区キャビネットの名前を入れてくれるとの事です。キャビネットから要請があった場合は皆様方のご協力の程宜しくお願いいたします。333-B地区のクラブ数は現在49クラブに対して薬物乱用防止教室を実行しているクラブ数は10クラブ位と聞いております。また薬物乱用防止教室の実施校は35校で4754名の生徒が受講されました。昨今のTVのニュ-スや新聞紙上を毎日のように報道されている覚醒剤、麻薬、危険ドラッグ等の事件が取り上げられております。私たちの子や孫に魔の手が降りかかる前に、皆さまのご協力を頂いて一人でも多くの子供達を救ってやれるように頑張りましょう。薬物乱用防止教育認定講師の資格を持っているLも大勢おります。学校に精通している方も多いので、まず1学校を目標に薬物乱用防止教室を開催して頂きたく各クラブ、各Lのご協力、ご指導、ご鞭撻の程宜しくお願いします。

 

◎ 7月1日は葛生LCによる薬物乱用防止教室にワークショップを取り入れた教室を開催します。

 

ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会
次へ
各委員長方針【第63回年次大会委員会】
前へ
各委員長方針【PR・IT・クラブ間交流委員会】