第67回年次大会委員会
ライオンズクラブ国際協会 333-B地区
2020年~2021年度ライオンズクラブ国際協会333-B地区
第67回年次大会委員会

2020年は、新年早々新型コロナウイルス感染問題が世界中を席巻してパンデミックとなり、多くの死者とリーマンショック以上の経済危機を引き起こしました。
日本におきましても、待ち望んでいた東京オリンピック・パラリンピック大会は延期となり、「緊急事態宣言」が全国に発出され、学校の休校はじめ外出自粛や休業要請など戦後類を見ない異常事態に陥っております。急務としてワクチンや治療薬の開発が進められておりますが、私達はしばらくの間、新型コロナウイルスと向き合いながら、新たな日常生活や経済活動を進めていくことを強いられることとなります。
クラブ活動も従来と違う形式や方法など、創意工夫をしながら進めていかなければならないでしょう。
大阿久ガバナーエレクトは、ガバナー・スローガンに「感謝」、アクティビティ・スローガンに「思いやり・情熱で奉仕」を掲げられました。このスローガンを333-B地区ライオンズメンバーの皆様と一年間共有し、それぞれのクラブ活動の中で活かして頂き、こういう時だからこそお互いの「絆」を深め、ライオンズマンシップを発揮して、より一層社会貢献に勤しみ使命を果たして参りましょう。
戦後最大の国難、新型コロナ危機を皆様と共に何としても乗り越え、締め括りとなる「年次大会」が実りあるものとなりますよう皆様のご協力とご支援を心よりお願い申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

第67回 年次大会 前夜祭  2021年5月8日(土) 栃木市 サンプラザ
第67回 年 次 大 会    2021年5月9日(日) 栃木市文化会館


 

第67回年次大会委員会
前へ
各委員長方針【ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会】