第68回年次大会委員会
ライオンズクラブ国際協会 333-B地区
2021年~2022年度ライオンズクラブ国際協会333-B地区
第68回年次大会委員会

2005-2006年度の真岡キャビネット柴 利夫ガバナー以来、二度目の真岡キャビネット水沼孝夫ガバナーの誕生です。
コロナ禍の中での就任で、難しい舵取りを担っていくことになりました。私たちは可能な限り水沼ガバナーの意に沿えるよう支えていかなければなりません。水沼ガバナーはガバナー・スローガンとして「知行合一」を掲げました。自分の身に置き換えても大変重い言葉ですが、日々精進していきたいと思っています。
私が真岡ライオンズクラブに入会したのは1978年です。すでに43年が経過しています。これまで多くのライオンに出会わせて頂き、その中で私が最も強い影響を受けたライオンは、柴ガバナーのときのキャビネット会計上野静男ライオンです。私は今でも彼に出会わせて頂いたことだけで、真岡ライオンズクラブに入会をした意義があったと思っています。
私も間もなく73歳を迎える年齢に達しました。これまでには数々の縁に恵まれて今があると思っています。折角頂いたライオンズクラブのご縁を大切に、そして時には自分を忘れて人様の為に尽くす喜びを知り、何か身近なところから少しずつでも返していければと願っています。来年の年次大会では、その成果と喜びをみんなで分かちあえたらこんな嬉しいことはありません。
SLとイチゴの街真岡でお待ちしています。

小人は縁に出会えて 縁に気づかず
中人は縁に出会えて 縁を生かせず
大人は袖振り合う縁をも生かす

 

第68回年次大会前夜祭 2022年 4月23日(土) フォーシーズン静風
第68回年次大会    2022年 4月24日(日) 市民いちごホール 真岡市民会館


 

第68回年次大会委員会
前へ
各委員長方針【ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会】