FWTコーディネーター
ライオンズクラブ国際協会 333-B地区
2016年~2017年度ライオンズクラブ国際協会333-B地区
地区委員長  清水 光哉

2016~2017年度FWTコーディネーターとして2期目の任務を命ぜられ、身の引き締まる思いでご座居ます。甚だ微力ですが、会員の皆々様方のお力添えを賜りまして重責を果たすべく努めて参りたいと思います。
福田幸信次期地区ガバナースローガンとして「積小為大」を掲げられました。小さな努力の積み重ねがやがて大きな成果をなしとげ、小さな事もおろそかにしないその心を大切に考えておられます福田幸信次期地区ガバナーのお力になれる様、精一杯努力をする覚悟であります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

○会員増強目標(2016-2017)

福田幸信次期地区ガバナーが会員増強の目標を掲げられました。アスクワンつまり会員一人が一名を増員するのがベストでは有りますが、まず、300名の増強を目標に歩み出す事となり、次期もGMT、GLT、FWT、百周年記念コーディネーター、委員長が窓口を一つにし一丸となって目標達成に向けて邁進して参りたいと思います。

 

○会員増強の主旨

何のために会員を増やすか・・・今ライオンズクラブは「貧困家庭への支援」「視力保護」「青少年健全育成」「環境保全」に全世界を挙げ積極的に取組みをしています。入会され会費を納入するだけでも大きな役割を果たせます。特に女性会員の増強によりきめ細やかなアクティビティが展開出来る事と確信いたします。

 

○展望として

次期FWT委員会の活動としてアクティビティを重視し新たなる取組みを考えております。それには、会員の増強が伴います。会員増強300名達成にはゾーン・チェアパーソン、地区委員、クラブ三役のお力が無ければ一歩も進めません。今期同様4人のコーディネーターがガバナー公式訪問諮問委員会、合同例会等に訪問し、連携を密に計りしっかりと取組んでまいりたいと思っております。

 

福田幸信次期地区ガバナーアクティビティスローガンであります、
「ひろめよう奉仕の絆」の元、奉仕を通し会員の皆様との絆を大切にそして新役員の方々との出会いに感謝いたし、精一杯頑張ってまいる所存であります。どうぞ皆様のご協力の程重ねて宜しくお願い申し上げます。


 

FWTコーディネーター
次へ
各委員長方針【百周年記念コーディネーター】
前へ
各委員長方針【GLTコーディネーター】