LCIF・アラート・献眼・献血・糖尿病予防委員会
ライオンズクラブ国際協会 333-B地区
2021年~2022年度ライオンズクラブ国際協会333-B地区
LCIF・アラート・献眼・献血・糖尿病予防委員会

この度、LCIF・アラート・献眼・献血・糖尿病予防委員長を拝命いたしました、宇都宮マロニエライオンズクラブ所属のL江連真代です。水沼ガバナーの方針のもと、精一杯頑張りたいと思いますので、一年間よろしくお願い致します。

  • LCIFについて

 LCIF(ライオンズクラブ国際財団)は1968年に設立され、その基金により、人類の福祉に貢献することを目的としております。1925年、アメリカオハイオ州セダーポイントにおける年次大会で、ヘレンケラー女史が盲人の為の援助を訴えて以来の奉仕活動もその一つである。又、LCIFは、アクティビティの大きな原動力です。
昨年から、なかなか終息されないコロナ禍で、経済的にも右肩下がりの現状ではありますが、今こそ援助が必要かと思われます。私事ですが、宇都宮マロニエライオンズクラブ結成(1999年3月)以来毎年、1000ドル献金をしてまいりました。私は微力ながら誰かのお役に立ちたい
と云う思いから、ライオンズクラブに入会いたしました。心温かい会員の皆様、どうぞご協力をお願い致します。そして、世界の人々の平和と幸せをお祈りいたしましょう。
目標額  110,000ドル

  • アラートについて

 最近又、地震が時々発生しております。地球温暖化もすすみ、気候変動が著しい中、いろいろな災害に対しての支援活動が必要です。

  • 献眼について

 献眼の登録はなされていても、事態が発生した時にスムーズに献眼されないこともあると思いますので、発生時には、ご協力をお願い致します。
◎(公財)栃木県アイバンク  宇都宮市陽西町1-37 栃木県護国神社内
TEL  028-624-1010  携帯 090-3085-9919(24時間対応)
未登録者に対しては、登録の呼び掛けをお願い致します。

  • 献血について

 現在、血液が大変不足しています。健康な若者へ献血の協力を呼びかけましょう。献血が出来る年令は16才~69才(ただし65才~69才までの方は60才~64才の間に献血した者に限る) 新型コロナウイルスも、だんだん強力になり、人間とウイルスの戦いになっているような気がします。ワクチン接種もあり、一日も早い終息を願うばかりです。
◎栃木県赤十字血液センター   宇都宮市今宮4-6-33    TEL 028-659-0111
◎うつのみや大通り献血ルーム  宇都宮市大通り2-1-5 1F  TEL 028-632-1131
糖尿病予防について
各個人が食生活に気をつかい、適度な運動をし、健全な身体づくりに努めて下さい。健康でなければ奉仕活動も出来ませんので、健康管理をお願い致します。

LCIF・アラート・献眼・献血・糖尿病予防委員会
次へ
各委員長方針【大会参加・環境保全委員会】
前へ
各委員長方針【地区スペシャルティクラブ・FWTコーディネーター・支部・女性・家族会員増強委員長】