第64回年次大会委員会
ライオンズクラブ国際協会 333-B地区
2017年~2018年度ライオンズクラブ国際協会333-B地区
第64回年次大会委員会


第64回地区年次大会は、2018年4月21日(土)、4月22日(日)の両日、県南の地足利で開催することが決定しております。
4月21日(土)前夜祭は栃木県南地域地場産業復興センターで、年次大会は会場を移して4月22日(日)足利市民プラザで開催されます。足利市での地区年次大会は2009年以来です。
会員の皆様もご存知と思いますが、足利の地は昔から東の京都とも言われており、町の中心を流れる渡良瀬川の清流と緑の山並みを背にして南に街並みが広がる眺めは文化の町と言うにふさわしい風情があります。
年次大会の時期は足利フラワーパークの大藤は満開となり、文化遺産に登録された鑁阿寺と足利学校は観光客が年々増えています。観光を兼ねてぜひとも多くのメンバーの参加を期待しております。
次期年次大会は石橋貞ガバナーエレクトの方針であります、
「友愛と相互理解」

  1. 心が身体を動かす
  2. 寛容の精神
  3. 全てに感謝
  4. 会員増強と維持
  5. 積極的PR活動

で、地区年次大会は1年間全精力を傾けメンバー一人一人が活動した事その結果を確認し合い、互いに親睦と意思疎通を図る場であります。そして今後のライオンズ活動・方針について語り合いましょう。
1リジョン1ゾーン2ゾーン11クラブのメンバーがホストとして準備万端整えて、皆様の参加を心よりお待ちしております。
尚、第64回地区年次大会は会員皆様の考えを取り入れ、ガバナー・エレクト・キャビネット内で承認されるならば大会の内容を検討したいと考えていますので意見を出してほしいです。

 

第64回年次大会委員会
前へ
各委員長方針【ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会】