地区ガバナー あいさつ
地区ガバナー 福田 幸信
あいさつ
ライオンズ国際協会333-B 地区地区ガバナー福田 幸信

 新緑の候、会員の皆様に置かれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
333-B地区の年次大会も盛会裏に終了致しました。
 本日は次期キャビネット構成員及びクラブ、クラブ支部三役研修会にご出席頂きまして有難うございます。新年度初めての顔ぶれになりましての研修会となります。
次期役員の皆様におかれましては、来期に向けて意欲的に準備をされている事と思いますが、今日の研修会は2016‐2017年度のキャビネットがスムーズに実りのある運営ができることを左右する大切な一歩です。
 今年度は、ライオンズクラブが誕生いたしまして、100周年となります。
100周年にむけて記念のアクティビティ「レガシープロジェクト」も発表されまして、スタートを切っております。単一クラブでは出来ないアクティビティも有りますので、近隣クラブと協力しての合同アクティビティもご検討、お願い申し上げます。


次に私が年次大会にて申し上げましたガバナースローガンについてですが、
積小為大とアクティビティスローガンひろめよう奉仕の絆とさせて戴き
どんなアクティビティも見逃さず評価し、目標達成に向かい皆さんと協働して実のある一年に致したく思っております。
又、100周年記念事業の中には、4つのコーディネーターの皆さんとの協力が不可欠となっておりますので、綿密な打ち合わせが必要となります。
皆様と一緒になって目標を達成するには皆様の協力が不可欠です。是非共御協力をお願い致します。

 

 過日複合地区での引き継ぎ会議が開催された折、「サバンナ」が無くなるとの話が出ておりました。その後はどのような方法で本部との連絡を取るのか決定は聞いて
おりませんが、三役研修では初めてかも知れませんが、毎月の会員状況、毎月のアクティビティの報告、年間の予定等を会長が、ZCに報告できるようにと考慮を致しました。是非ご活用戴きクラブとZCとキャビネットが一体となり、スムーズな情報共有が出来るようにしたいと考えております。

 

 本日の研修会に参加して下さいました皆様のクラブが楽しく過ごせて素晴らしい
クラブとなるよう心より願って、一緒に頑張っていきましょう。
浅学非才な私に応援をお願いいたしましてのご挨拶とさせて戴きます。


ライオンズ国際協会333-B 地区地区ガバナー福田 幸信あいさつ
次へ
サイトメニュー【ガバナー方針】